あーえーTOKYO

選挙と民意

LINEで送る
Pocket

選挙と民意

 

下層階級に与える教育は最も貧弱な質にとどめなければならない

 

下層階級に与える教育は、下位の階級と上位の階級とを隔てる無知の堀をめぐら し、下位の階級のことは理解しがたいと思えるほどに、最も貧弱な質にとどめな ければならない。

このように初めからハンディキャップをつけておくことが、下 層階級でも頭のよい者に、生活のくびきから救い出されるチャンスがあったとし てもごくわずかだと思い知らせることになる。

このような奴隷制度は、上流支配 階級社会の秩序、平和、安寧のバロメーターを保つために欠かすことができない 

                     『静かなる戦争のための沈黙の兵器』より

 

2021年10月31日は第49回衆議院議員選挙です。

誰に投票しようか良く考えてみよう

そして国民に選ばれた政治家が民意を反映させた政治を行う

僕はそういうものだと思っていた。

 

なにかおかしい

 

しかし現実は政治家は国民の税金を使い私服を肥やしているようなニュースや、

特別会計とかいう裏帳簿を使い

癒着や談合

国営インフラを民営化し、日本を売る

日本の為を想って政をする有志はいないように見える

それ、少なくとも僕の民意ではないよ

僕たちは幼い頃から政治を学ばなければならない。

しかし現状はまったく逆で政治から隔離されている

さらには自虐史観を植え付けられている

 

民意は反映されない

 

ふと思ったことがある

辻褄が合ってないんじゃないかな?

辻褄が合ってない事を進めていくと何処かで必ずアレ?ってなる時がくるものだ。

このパンデミックもそうだけど、それはさておき

 

例えば選挙

立候補したのは

・後藤

・古知屋

・中谷

・蓮見

の4人だとする。開票すると

・後藤 40%

・古知屋 35%

・中谷 20%

・蓮見 5%

以上のパーセンテージが投票されたとする

そうすると一見、後藤が1位当選で国民に選ばれた政治家と言えるかもしれないが

60%の人は後藤は嫌だという事になるので、後藤は民意を政治に反映できない事になるのではないか

 

こんぐらがった法律用語を駆使して事態を正当化しなければならない

 

われわれは、常軌を逸していると思われるほど大胆かつ不正な裁定を下さなければ ならない場合のために、言葉の微妙な綾を探し出し、こんぐらがった法律用語を駆使 して事態を正当化しなけれはならない。

そして、この裁定が最も高潔で道徳にかなっ たことを法律用語で言っているのだと思わせるように、はっきり述べることが肝要で ある。

『静かなる戦争のための沈黙の兵器』より

新しい言葉が出てきたときは注意して考えるべき

今まで使っていた言葉でも新しい横文字なんかに言い換えられてしまうと

よくわからくなる。うまく使われてるよ

 

「自由」なる言葉は神や自然の掟に対してまで闘争させる

 

「自由」なる言葉は、さまざまの人間集団に、あらゆる種類の権力、あらゆる種類の 権威、さらには神や自然の掟に対してまで闘争することに入らせた。

このため、われ われがわれらの王国を実現したあかつきには、群集を血に飢えた獣に改造する暴力的 概念であるこの言葉を、われわれは、目に触れる辞書からは抹殺するであろう。

獣たちは血をたらふく呑んで腹がふくれると眠り込むので、鎖につなぐのはいとも たやすいというのは事実である。だが、血を呑まさなければかれらは眠らず、引き続 き闘争を続けるであろう。

『静かなる戦争のための沈黙の兵器』より

 

僕たちの進むべき道は善良な日本国民であればみんな同じ方向を目指しているはずなのに

右だ左だと鷹だ鳩だの騒ぎ立て回り道ばかりしてるのではないだろうか。

同じ道を進んでいるのであれば対立してる場合ではない

そういうところをうまく使われているのでないでしょうか?これを読んで欲しい

シオン長老の議定書 ( http://www7.plala.or.jp/nsjap/zion/ )

 

偽書という人もいますが、こういうものを書ける人が世の中にはいて、もしもそんな思想が世界を席巻したらどうなるのか?

させない為には、一方的な情報を垂れ流すTVを観るのをやめ、自分の頭を使い、物事をしっかり考えなくてはならないのでは?

 

この記事を書いた人

後藤泰

六本木・バー『あーえーTOKYO』のオーナー 後藤 泰(ごとう やすし) 42歳 1978年5月13日生まれ/ 東京都王子生まれ埼玉県鳩ヶ谷(現在は川口市に合併)育ち。 悪そうなヤツは大体先輩 午年/ 牡牛座/ A型/ 178cm/ 右利き 最終学歴は高卒ですが、ご縁でNIGHTCLUB運営を経験してしまう。 高校卒業→ニート→ユニットバスの施工店に就職→寝る間を惜しんで徹底した夜遊び→クラブ遊び(主に渋谷PYLON→DJ始める→イベント始める→沢山の出会いがキッカケとなりクラブの箱DJに抜擢→DJか麻布十番IVYの運営の責任者にまでなる。 基本NIGHT LIFEを愛するので昼間はほぼ活動してません

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

Instagramフォローお願いします♪

ポチッとな ポチッとな arrow_right
PAGE TOP