あーえーTOKYO

彼らは貧しい。しかし、高貴である

LINEで送る
Pocket

彼らは貧しい。しかし、高貴である。

 

涜職の蔓延る令和の今日日、日本人として生を受け誇りに思え小生の心を支えてくれる言葉を少しでも多くの日本人に伝えたいと思う

時は第二次世界大戦真っ只中、ひとりのフランス人がフランス・パリでのとある晩餐会でスピーチした言葉を紹介します。

 

『日本人は貧しい。しかし、高貴である。世界でどうしても生き延びて欲しい民族をただひとつ挙げるとしたら、それは日本人である。』

ポールクローデル

 

ポール・クローデルは戦前、駐日大使を勤めた外交官(1921〜27年)で有名な劇作家、詩人。

この言葉は、大東亜戦争のさ中、日本の敗戦が濃厚だった頃、フランス・パリの晩餐会でスピーチしたものです。

当時日本(枢軸国軍)はフランス(連合国軍)にとって敵国でした。

そのような状況下でこのようなスピーチをした勇気に感銘しました。

ポール・クローデルは姉が彫刻家ロダンと親しく、ジャポニズムの感化を受け、日本文化に興味を持ち、駐日大使時代は日本各地を廻り、能、歌舞伎、文楽等に接し、

《あれほど古い文明をそのままに今に伝えている民族はありません》

と日本を紹介している。

 特に1923年の関東大震災では、横浜で被災し東京の大使館も焼け、夜を徹し東京まで歩いた。

その時の模様を次のような文章に残している。

『地震の日の夜、私が東京と横浜の間を長時間歩いた時、或いは生存者たちが群れ集まった巨大な野営地で過ごした数日間、私は不平一つ聞かなかった。廃墟の下に埋もれた犠牲者たちの声も、「助けてくれ! こっちだ」というような差し迫った呼び声ではなかった。「どうぞ、どうぞ、どうぞ、お願いします」という慎ましい懇願の声だった』

自分の身に降りかかった不幸を淡々と受け止めて、どんな困難な時にも、ものを頼む時の礼節を忘れない姿勢に心うたれたという。

 今から約100年前の日本人と接し、日本の庶民を高貴だと評したポール・クローデルの言葉に敬意を評したい。

敬礼!

またその日本人の高貴さを維持したいものだ。

従心会倶楽部 より参照

 

真の日本男児はまだ居るか

 

今日日この言葉を肴に一献酌み交わせる真の日本男児はまだ居るかな。僕が思うにスラッシュ氏筆頭にほんの数名。

 

数年前Balance池袋店に在籍してた心友・吉岡タカシ氏が言ってた事が最近良く思い出す。

「T君、これからは『塾』が必要な時代だと思うんすよ!」

 

タカシへ

 

その時はあまりピンと来なかったけど、今になって思う。

タカシ、若い子達に学校では教えてくれない大切な事を教えなくちゃいけないよな!

俺たちの時代でさえ生きていく上で必要な事って学校では教えてくれなかった。

政治の事、金の事、歴史の裏側、全部有耶無耶にされてた。本音と建前とか。

自分の国の歴史を誇りを持って背負って次に伝えて行かないと、気付いた頃には無くなっちゃうよな日本が。

タカシ頼むぞ!

 

 

この記事を書いた人

後藤泰

六本木・バー『あーえーTOKYO』のオーナー 後藤 泰(ごとう やすし) 42歳 1978年5月13日生まれ/ 東京都王子生まれ埼玉県鳩ヶ谷(現在は川口市に合併)育ち。 悪そうなヤツは大体先輩 午年/ 牡牛座/ A型/ 178cm/ 右利き 最終学歴は高卒ですが、ご縁でNIGHTCLUB運営を経験してしまう。 高校卒業→ニート→ユニットバスの施工店に就職→寝る間を惜しんで徹底した夜遊び→クラブ遊び(主に渋谷PYLON→DJ始める→イベント始める→沢山の出会いがキッカケとなりクラブの箱DJに抜擢→DJか麻布十番IVYの運営の責任者にまでなる。 基本NIGHT LIFEを愛するので昼間はほぼ活動してません

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

Instagramフォローお願いします♪

ポチッとな ポチッとな arrow_right
PAGE TOP